【Apple Watch】スクリーンショット

スクリーンショットの仕様変更

iPhoneのカメラロールに知らぬ間にApple Watchの画面らしき写真が増え続ける謎。

時計をしたまま、手首をどうにかこうにかすると、勝手にスクリーンショットを撮っているらしい。
Apple Watchでのスクリーンショットの撮り方は、デジタルクラウンとサイドボタンの同時押し。

後述するが、少しコツがいる。

なのに意図せず撮影するとは、俺の手首、どれだけ器用なんだ。

でも、なぜかデジタルクラウンとサイドボタンの同時押しをしても、スクショが撮れなくなった。

ん?

原因はwatchOSのアップデートによる仕様変更。


iPhoneのwatchアプリ内にてスクショを使う設定にしないといけなくなったらしい。

で、設定をオンにした後、Appleの説明通りやってみたがなかなかスクショが撮れない(汗)

 

Apple Watch でスクリーンショットを撮る方法

Apple Watch で、Digital Crown とサイドボタンを使ってスクリーンショットを撮ることができます。

スクリーンショットを撮る前に、該当する設定をオンにしておく必要があります。iPhone で、Apple Watch App を開いて「マイウォッチ」タブをタップし、「一般」>「スクリーンショットをオンにする」をタップしてください。
Apple Watch の Digital Crown とサイドボタンの位置
設定をオンにしたら、Apple Watch でスクリーンショットを撮ることができます。
2 本の指で Digital Crown とサイドボタンを同時に押します。スクリーンショットが撮影されるときに画面が点滅します。
撮影したスクリーンショットを確認するには、iPhone の写真 App を開き、「アルバム」タブをタップして、「スクリーンショット」をタップします。

 

上記の説明の様にDigital Crown とサイドボタンの同時押しをしているのに、なぜかスクリーンショットが撮れない。

撮れなかった理由は、若干長押し気味になってたからみたい(汗)

コツは瞬時に指を離すこと。

 

やってみてくださいね。

 

 

 

 

この記事を書いたのは

白馬のおんじ
名古屋市の情報通信システム会社に勤務。生活の大半をブログ運営に捧げています(笑)WordPress や BiND を使用したサイト制作承ります!

"ZERO"で作るゼロ円ホームページ

レカムジャパン名古屋第一支店で作るホームページ。"ZERO"ならドメインの取得や管理にかかる初期費用も一切ゼロ。もちろん製作費も更新費用もかかりません。ホームページにかかる4つの費用を全てゼロにした名古屋第一支店だけのオールフリープラン"ZERO"。是非ご利用ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です