【Diet】50代から始めるダイエット

再度ダイエットに挑戦

過去記事:食べて痩せる方法 に書いたが、4~5年前にダイエットに一度成功している。

ハワイ旅行から帰ってきたら、68kgだった体重が70kgを超えていた(笑)

何度かダイエットはやってみたが、世間やインターネット上の間違えた知識や情報に踊らされていた。
りんごダイエットとかの、一品目を食べ続けるダイエットとか、誰が広めたんだろう?
偏った方法で行うダイエットが成功するわけがない。

ダイエットを実践する同士が集まるSNSにも参加した。

そこにも間違えた情報があふれている。
間違えたやり方を痩せられないユーザーが広め、ダイエットに失敗した仲間同士傷を舐め合っている。

ただその中にも正しい情報はある。これだけ情報インフラが発達すると情報の取捨選択が大切になってくる。

 

成功のきっかけはパナソニックの企画

1ヶ月で目指せ-3kgダイエット

「すぐに痩せたい!何か良い方法はない?」と思っているアナタ。
1ヶ月の間だけ食事に気をつかえば、マイナス3kg程度なら痩せられる可能性があります。
「もういいや」とあきらめてしまう前に、このダイエットを試してみては?
さあ、「目指せ-3kgダイエット」に挑戦しましょう!
※このダイエットは、年代、性別によって、プログラムが違います。

引用 CLUB Panasonic

 

1ヶ月の間だけ食事に気をつかえば、マイナス3kg程度なら痩せられる可能性があります!

この言葉に動かされてやってみることにした。
食事に気をつかうだけで痩せるならぜひやってみたい!

この時はこの方法で実際ダイエットに成功したのだが、最近思ったように体重コントロールができなくなった。
食事に気をつかっているのに、理想としている体重に届かない。

というわけで再度このダイエット法にチャレンジしたいと思います。

 

必要な摂取カロリーの変動

薄々気付いてはいたが、50歳を超え、生きているだけで消費する一日のカロリーが減っている。

調べてみると、以前は一日に必要なカロリーが『2,250kcal』だったが、50代は2,050kcalとなっている。

そりゃ以前と同じように食べてたら体重コントロールは難しい。

前回のダイエット時に比べ、一カ月に約3kgを落とすために摂取して良い一日のカロリーは、『1,350kcal』と、200kcalも減った。

 

 

痩せるメカニズム解説(50代男性)

脂肪1kgが燃焼すると、約9,000kcalのエネルギーが発生する。生体内の脂肪は約20%の水分を保持しているので、体重で脂肪1kg減らすには、9,000 * 0.8 = 約7,200kcal 分のエネルギーを消費すればよいことになる。

1.  一日に必要なカロリー

私の年齢と運動量(運動ゼロ)の場合、一日に必要な摂取カロリーの目安=2,050kcal。

2. カロリー摂取目標

生きていくために本来必要なカロリー2,050kcalを取らず、一日の摂取カロリーを1,350kcalに抑えれば、何もせずとも700kcal消費した計算となる。

3. 一カ月のカロリー消費量

何もせず消費したカロリーは一か月分で、700kcal×30日=21,000kcalとなる。

4. 何もせず一カ月に何キロ痩せる?

何もせず消費したカロリー21,000kcalを、脂肪1kg減らすのに必要な消費カロリー7,200kcalで割ると…

2.92kgが答えとなる。

 

摂取カロリーの把握

一日に1,350kcalの摂取。

問題なさそうだが、知らず知らずカロリー摂取過多となっているかもしれないので、調べてみよう。

因みに今日の昼食のサンドウィッチ
食パン(1枚)・・・170kcal
スライスチーズ(1枚)・・・58kcal
ハム(3枚)・・・31kcal
卵焼き(1個)・・・145kcal

おー!卵焼き以外にカロリー高い!
サンドウィッチ1つで404kcal。

今日の晩御飯は肉野菜炒めの予定なので、今日は目標内での摂取カロリーとなりそう。

続けてみようと思う。

 

 

 

\今だけ!/ ゼロ円で作る高機能ホームページ

◆数量限定◆
高機能&デザインのスペシャルサイトを無料作成中。今なら貴方の会社やお店のサイトを、ワードプレス形式またはホームページソフトを使用して無料で作成いたします。

まずはフォームにてご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です