【WordPress】Responsive Lightbox

プラグイン不要のギャラリー表示

ワードプレスでの写真ギャラリーの表示は、プラグイン不要でとても簡単です。

写真ギャラリーを挿入したい場所で『メディアを追加』を選択。
表示されたウインドウ枠の左にあるメニューから『ギャラリーを作成』を選択。
ギャラリーに加えたい画像を複数枚選択後、画面右下から『ギャラリーを作成』をクリック。
その後、詳細設定を加えて完了です。

サムネイルグリッド

タイルモザイク

スライドショー

スライドショーには JavaScript が必要です。

他にも何点かのデザインがあります。
デザイン的に問題が無ければ、プラグインも不要ですしお手軽に実装可能です。

 

Responsive Lightbox

プラグインを入れても良いなら『Responsive Lightbox』がお勧めです。

 

使い方も簡単。
プラグインを有効化した後は、上記のギャラリー表示のやり方でライトボックスボックス風の表示が可能です。

あ、リンク先は『メディアファイル』にしてくださいね。

 

ライトボックス効果の設定

何種類かの効果を試したので、記載しておきます。

Image Lightbox

ブログ内に拡大表示される。
画像外の部分暗くならない。
拡大画像クリックで次の画像。
次へがないためコントロールがわかりにくい。

prettPhoto

ブログ内に拡大表示される。
画像外の部分暗くなる。
次へのコントロール表示あり。
拡大画像内に小窓表示があるが、デザイン的に邪魔な気がする。

Featherlight

ブログ内に拡大表示される。
画像外の部分暗くなる。
拡大画像クリックでコントロール表示。
最初から表示されてないため、コントロールがわかりにくい。

 

いろいろ試しましたが、私のお気に入りは『Nivo Lightbox』でした。

画像外は暗くなり、コントロールも表示されていて、シンプルで使いやすいです。

 

 

この記事を書いたのは

白馬のおんじ

人生半分過ぎたところでブログ始めちゃいました(笑)

\今だけ!/ ゼロ円で作る高機能ホームページ

◆数量限定◆
高機能&デザインのスペシャルサイトを無料作成中。今なら貴方の会社やお店のサイトを、ワードプレス形式またはホームページソフトを使用して無料で作成いたします。

まずはフォームにてご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です