子テーマの作成方法【Hestia】

ヘスティア

Hestia 用 functions.php の作成

ワードプレスのテーマにいくつかの変更を加える場合、それらの変更はテーマの更新時に上書きされてしまいます。
変更が追加の CSS のみであれば子テーマを作成しないという選択肢もありますが、他のファイルに変更を加える時のためにも子テーマを作成しておきましょう。

多くのテーマは functions.php に一般的な内容を記述しても問題ありませんが、Hestia の場合その記述だけではトップページが正しく表示されません。

 

 

Hestia のサイトに作成方法が記載されていたので、そちらを参考に子テーマを作ってみましょう。

 

■作成方法

サーバーのサイトフォルダにFTPでアクセスします。

 

サーバーに変更を加える際も、子テーマ作成の際も、十分に気を付けて自己責任で行ってください。 (下記コードは Hestia サイトより抜粋したものです。

子テーマの作成方法は、子テーマの作り方 にも書いてありますので参考にしてください。

 

wp-content / themes /ディレクトリに移動します。

themes フォルダ内に、子テーマのための新しいフォルダ hestia_child を作成します。

フォルダを作成したら、そのフォルダ内に style.cssファイルを作成します。

ファイルに次のコードを記述します。

 

 

同様に子テーマフォルダ内に functions.php ファイルを作成し、次のコードを記述します。

 

 

 

テーマの管理画面の見栄えを気にする方は、子テーマのフォルダに screenshot.png をアップしましょう。

下に貼り付けておきますね。

 

screenshot.png

 

以上で完了です。

子テーマを有効化しましょう。

 

 

 

この記事を書いたのは

白馬のおんじ
名古屋市の情報通信システム会社に勤務。生活の大半をブログ運営に捧げています(笑)WordPress や BiND を使用したサイト制作承ります!

"ZERO"で作るゼロ円ホームページ

レカムジャパン名古屋第一支店で作るホームページ。"ZERO"ならドメインの取得や管理にかかる初期費用も一切ゼロ。もちろん製作費も更新費用もかかりません。ホームページにかかる4つの費用を全てゼロにした名古屋第一支店だけのオールフリープラン"ZERO"。是非ご利用ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です