子テーマの作成

Lightning の子テーマを作成します。

ワードプレスのアップデートにより、スタイルシート(style.css)に関しては CSS の追加編集が可能となりました。

なので、深いカスタマイズを行わない、ほぼデフォルトのままテーマを使用する場合は子テーマの必要はありません。

ですが style.css 以外のファイル functions.php などに編集を加える場合は、必ず子テーマを作成しましょう。

 

 

子テーマの作成に関しては、Lightning 公式ページ にも記載されています。

参考にしてください。

Lightning 公式ページ

 

■子テーマのインストール

ダウンロードしたzipファイル(フォルダにファスナーが付いています) lightning_child_sample_v_0_1_2 を解凍します。

解凍はフォルダ上で右クリック、全て展開を選択してください。

新たに生成されたフォルダ内に lightning_child_sample のフォルダがあり、そちらの中に4つのファイルが入っています。

それら4つのファイルをFTPなどで、テーマ Lightning のフォルダと同じ場所 /wp-content/themes 内にアップして利用します。

 

/wp-content/themes 内にアップとは…

サーバー会社(XSERVERやロリポップ)に用意された FTP 等を使用して、themes 内までたどり着いたらそちらのフォルダの中に lightning フォルダがあります。

そのフォルダと同じ階層に新しく子テーマ用のフォルダを作成します。

フォルダ名は lightning_child とします。
そちらのフォルダ内に、zipファイルを解凍して出来たフォルダ内の4つのファイルをアップしましょう。

 

ワードプレスに戻り、ダッシュボード>外観>テーマ を開くと、Lightning Child Sample というテーマが作られているはずです。

子テーマを有効化します。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いたのは

白馬のおんじ
名古屋市の情報通信システム会社に勤務。生活の大半をブログ運営に捧げています(笑)WordPress や BiND を使用したサイト制作承ります!

"ZERO"で作るゼロ円ホームページ

レカムジャパン名古屋第一支店で作るホームページ。"ZERO"ならドメインの取得や管理にかかる初期費用も一切ゼロ。もちろん製作費も更新費用もかかりません。ホームページにかかる4つの費用を全てゼロにした名古屋第一支店だけのオールフリープラン"ZERO"。是非ご利用ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です